高速道路を運転していると眠くなるのは?

高速道路を運転しているときにも、猛烈な眠気に襲われることがありますね。これは「ハイウェイ・ヒプノーシス(高速道路催眠現象)」と呼ばれるものです。

高速道路は直線部分が多く、走行速度も一定で、同じような景色がつづくことが多くなります。また、道路のつなぎ目を通過したときの「カタンカタン」という単調な音が耳から入ってくる。さらに、長時間こうした一定の振動や刺激を受けつづけることになります。このような単調なリズムや刺激を受けているときも、脳が催眠状態になり眠気を感じるようになります。

電車のガタンゴトンが眠くなる理由はこちら
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

TAI

平凡なサラリーマンが「これは!」と思う商品・情報・ニュースなどをを取りあげながらつぶやいています。

QRコード

QR