• 忙しい日々の中で、食事の軽視も進む現代。家族それぞれが食事の時間がズレていたり、時間やお金で足りない大切な何かを得ようとしている現代人にとて土や植物に触れて育てる家庭菜園が、こうした生活に欠けている「大切な何か」を取り戻してくれるかもしれません。食べることだけではない家庭菜園の魅力や楽しみは、次の4つにまとめられます。1つ目は、一生懸命頑張って世話をして育でた野菜が、収穫できるという喜び。2つ日に、... 続きを読む
  • これからの季節は、生のサラダがおいしくなります。みずみずしい新鮮なレタスやサラダ菜、トマトなどを合わせてサラダハーブを加えればおいしく食べられるでしょう。イタリアンパセリなどは、普通のパセリより苦みがなく芳香があり、風味づけによく使われます。パスタなどの仕上げの彩り、香りつけにも最適です。形もかわいくサラダのアクセントにもなるのが特徴です。用意するものイタリアンパセリの苗1株/鉢(直径20cm、深さ約、... 続きを読む
  • じゃがいもは、芋類の中ではビタミンC、葉酸、カリウムなどを豊富に含んでいて美容、健康に人気の食材です。また、冷蔵庫に入れなくても保存できるのが主婦にはうれしいところです。また、幅広い調理法焼く、煮る、揚げる、茹でるなどどの方法を選んでもおいしいのがうれしいです。植え付け時期は、3月で、収穫時期は7月上旬~8月です。用意するものは、じゃがいもの種芋、化学肥料、野菜用肥料/草木灰です。草木灰は、肥料の要素... 続きを読む
  • 家庭菜園といったらまずは葉ものからはじめたいと思うのが初心者です。ほうれん草はゆでるとあっという間に栄養分が水に流れてしまうので、小松菜がいいですね。カロテンやビタミンCといった抗酸化成分をほうれん草と同等程度備えているのも魅力です。ゆでても歯ごたえが残るのが魅力です。小松菜にはコレステロール値を下げる作用があります。まずは、種まきの時期は、3月中旬~10月下旬、収穫は、6月~11月です。11月まで収穫で... 続きを読む
  • トマトは、小さな庭やベランダでも苗からプランターで育てることが可能です。植え付けの時期は、4月中旬~5月中旬。収穫時期は、真夏の7月~8月です。まず、用意するのは、トマトの苗1株、野菜用培養土、野菜用肥料、プランター10L、支柱、液肥、植物調整剤(トマトトーン)です。植え付けプランターの底穴に底網を式、底がみえなくなる程度に鉢底石を入れて、プランターの8分目~9分目まで用土を入れる。ポットから苗を抜き、準備... 続きを読む

TAI

平凡なサラリーマンが「これは!」と思う商品・情報・ニュースなどをを取りあげながらつぶやいています。

検索フォーム

ブログランキング

QRコード

QR